ビマットとまつげ

 

ビマットとまつげ:まつげ用育毛剤

ビマットは、まつげ用の育毛剤です。ビマットは、次のような特徴のあるまつげ用育毛剤になります。

  • 効果があるまでやや時間がかかる
  • 副作用が少ない

「効果があるまでやや時間がかかる」というのは、ビマットは、他のまつげ用育毛剤と比べると、有効成分ビマトプロストが少ないためです。一般的なまつげ用育毛剤とビマットを比較すると、ビマトプロストの量は、次のように異なります。

  • 一般的なまつげ用育毛剤:ビマトプロストが0.03%
  • ビマット:ビマトプロストが0.01%

まつげ育毛剤の使用期間は、まつげの毛周期のことも考慮すると、4ヶ月以上の使用が推奨されています。しかし、ビマトプロストが0.03%のまつげ用育毛剤なら1週間~1ヶ月程度でまつげの育毛効果があります。一方、ビマットはまつげの育毛効果が現れるまでに2週間~2ヶ月程度かかる場合が多いです。

「副作用が少ない」という理由も、ビマットは、有効成分ビマトプロストが少ないためです。通常、まつげ用育毛剤は、次のような副作用が出やすいです。

  • 色素沈着

ビマトプロストには、メラニン色素の生成を活性化する働きがあります。そして、メラニンの働きにより、まつ毛が濃く黒々するわけですが、まぶたにも液が何度もついてしまうと、まぶたの皮膚のメラニンも増えてしまうため、色素沈着を起こしやすくなります。

しかし、ビマットの場合は、ビマトプロストの量が少ないため、副作用が出にくいというメリットがあります。

なお、色素沈着なら、アイシャドーで隠すことも可能ですが、「上眼瞼溝増強(じょうがんけんこうぞうきょう)」という副作用が起きると、大変です。上眼瞼溝の増強とは、つげ用育毛剤で、まれに起こる副作用で、目がくぼんだようになってしまう副作用です。眼瞼(がんけん、まぶた)の深化が起きてしまうと、骸骨のように目の周りがくぼんでしまい、とても不健康に見えますし、アイシャドーでも隠すことはできません。

ただし、色素沈着や上眼瞼溝の増強は、まつげ用育毛剤の使用をやめると、1週間から10日程度でおさまる場合がほとんどなので、そこまで心配する必要はありません。しかし、まつげ用育毛剤の使用をやめると、せっかく増えたまつげも1ヶ月程度で元に戻ってしまうため、なるべく副作用を起こさずに長く使い続けられる方が、最終的なメリットは大きいです。そのため、なるべく副作用の出にくいビマットが、日本人女性の間で人気になっているわけです。まつげ用育毛剤のビマットの商品ページは、次のリンク先よりチェックすることができます。

まつげを長く、濃く、黒く!
安心安全な『ビマット』はこちら

ビマットとまつげ:副作用の少ない使い方

ビマットをまつげ用育毛剤として使うとき、副作用をなるべく避けたい方は、次のように使いましょう。

  • 1日1回にする
  • 夜に使う

「1日1回にする」というのは、ビマットは、使う回数が増えるほど、肌に液のつく回数も増えますから、メラニンが活性化されやすくなるためです。そのため、1日1回以上使うのはやめましょう。また、1回使った後は、24時間の間隔を空けるようにしましょう。

副作用が気になる方の中には、1週間に1~2回しか使用しない人もいます。1週間に1~2回でも、ある程度のまつげの育毛効果は得られますから、副作用の気になる方は、まずは、1週間に1~2回から使用してみるのもいいかもしれません。

「夜に使う」というのは、まつげ用育毛剤にはメラニン色素を増やす働きがあるため、太陽の光を避けた方がいいと言われているからです。一応、朝の使用でも問題ないとは言われているものの、副作用の気になる方は、夜に使用するようにするのがおすすめです。もし、朝使ったら、なるべく日の当たる場所に長時間いるのは避けた方がいいかもしれません。なお、朝などにビマットを使って、その後にコンタクトレンズをつける必要があるときは、ビマットを使った後、15~20分してからコンタクトを付けるようにしましょう。

ビマットは、有効成分ビマトプロストが少ないため、効果があまりないと思って購入を避ける方もいますが、実は、副作用が気になる方や、敏感肌の女性の方に人気の、隠れたヒット商品です。『ビマット』の商品ページは、次のリンク先よりチェックすることができます。

敏感肌でも使える
隠れたヒット商品!
大人気の『ビマット』はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする